〈基礎から〉中国語文法

中国語で”〜の時”を言うには?|「時候」

誰かと話している時、あの時に〜、私が〜した時に、とある時点の状況を説明したい時って「〜の時」って使いますよね。
中国語では「的時候」で表せます。使い方を詳しく見ていきましょう!

「時候(ㄕˊ ㄏㄡˋ/shiˊ hoˋu)(名詞)」:時間

 

例えば自分が小さかった時、私が大学生だった時、を説明してみると?
日本語と同じ様に考えられるので、ちょっと気が楽ですね。
名詞、形容詞、動詞文でも表せます!

①名詞+的時候

・学生だった時、いたずら好きだった:我,學生的時候很愛玩

・父の日の時、多くの人はケーキを食べる:父親節的時候,大部分的人吃蛋糕

②形容詞+的時候

・とても寒い時、お風呂に浸かるのはとても気持ちいい:很冷的時候,泡澡很舒服

・私が小さかった時、野菜を食べるのが好きじゃなかった:我小(的)時候,不喜歡吃青菜

③動詞(+目的語)+的時候

・ご飯を食べる時、話してはいけません:吃飯的時候,不可以說話

・休憩する時に、コーヒーを飲みたい:休息的時候,我想喝咖啡

・扉が閉まる時、鞄に気をつけて:關門的時候,小心你的包包

 

日常会話でよく聞くのは…

(ちょうど)〜したとき、〜したばっかりの頃
日常会話でよく使われるのは「剛」と合わせた文章です。

・台湾に来たばかりの頃…:我剛來台灣的時候…

・中国語を習い始めた頃…:我剛開始學中文的時候…

時々

特定のある時を決めずに“時々”を表すには「有(的)時候」が使えます。

有+(的)時候(“ある”時は→時々)

・時々画面が止まってしまって:有時候畫面中斷..

特定の”あの時”

何か会話の流れで“どんな時か”“どんな状況か”を話している状態で、“あの時”と特定する場合、「那(個)時候」が使われます。

昨日買い物へ行っていたの…と話していて

・その時、芸能人見かけたのよ!:那個時候,我看到一個明星!

 

書き言葉でよく見かける「時」のひと文字。文章では「的時候」とは書かれず、一文字で表記されることが多いです。

この表現は日常会話で使う頻度が高い上に、比較的使うのも簡単という嬉しい使い回しですよね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA