お店・観光・お出かけスポット

發票って何?|台湾のレシートは宝くじだから捨てちゃダメ!|「載具」の管理便利アプリ「雲端發票」

台湾でお買い物をしたら、レシートとしてもらえる紙、捨てていませんか?
外国人でも当選したらもらえる宝くじになっています。
日々何かしら買い物をするから、必要経費で宝くじを買っているようなもの。
「そんなの当たるわけないじゃん」ではなく、台湾人は「いつか当たるだろう」とワクワクして待っているんだそうです。

日本ではレシートレスな生活をしていたので、2ヶ月保管は結構煩わしい…
携帯でアプリ登録すればペーパーレス、当選管理できるアプリがあるのでご紹介します!
【KKday】海外現地アクティビティを日本語で楽々予約!簡単決済!

台湾のレシートくじ

台湾に旅行に来たことがある方は知っているかもしれませんが、どんなに小さなお買い物をしてもある程度大きな規模のお店ではレシートにくじがついています。
下の写真の左は“伝統的なもの”、右は最新のQRコードがついたもの。
どちらも「發票」と呼ばれる宝くじになっています。例えばレンタカー、ホテル宿泊をした時なども、控えなどに英字+数字の番号が振られているものが印字されていたりするので、見落とさないように注意しないといけません。

画像2

 

当選番号発表の仕方

前2ヶ月分を翌奇数月25日に発表するので、例えば1-2月分は3月25日まで保管しないといけません。
ネットで当選番号を検索してもいいし、LINEニュースにもなります。
1番便利なのは、後で紹介するアプリで。
データが上がってくるので簡単に確認できます。

そもそもレシートがなんで宝くじなのか?

それは、脱税対策だから!

日本の感覚で、コンビニで買い物をしてお釣りが出ないようにピッタリと支払って去ろうとしたら、

「しゃおじえー!!!(お姉さん)ちょっと待ったー!!!!」
と勢いよく店員さんに止められました。

發票は必ず渡さないといけないからです。
お店の人も必死です(笑)
なんと、渡さなかったorお店が決まった売上(ひと月)があるはずなのに發票を発行していない!と台湾国税局へ密告されると、通報した人が報酬が貰えるのだそう。
密告された店は営業停止のペナルティになります…

だから、お店の人は必死なんです。

台湾で月収入が20万元以上ある店舗では売り上げの5%を税金として納める必要があり、發票を発行することで納税証明としているのです。
どんなに少ないお買い物でも、発行義務のあるお店は發票をお客さんに渡さないといけません。お客さんの中には、發票が欲しいが故に5個のアイテムを買うときに一つずつお会計をする不届きものもいるようですが…

お店側はそれを断れないんです。(まあ節度ある?いや、人間として普通の感覚を持つべきだけど….)

台湾ドリーム?当選額は

少額の買い物が大金に化けるなんて事もあります。
実際に2020年11/12月分の宝くじを実際に当てた幸運の持ち主は65元(260円くらい)のケーキを1つ買った高校生でした。
結果、最高金額の1000万元に!(台湾は、こういうのがLINEニュースに上がってくるから関心度の高さが伺えます(笑))

少額当選はコンビニや郵便局で、高額当選は郵便局のみで換金が可能です。
旅行者の方ももらえるこの發票。意外と眠っているものが当たっていたりして…!
賞金最高金額は1000万元から200万、20万、4万、1万、4千、1千、200元となっていきます。

発行されないところもある

タクシーや公共交通機関はもちろん、朝市、夜市屋台、市場や比較的小さなお店にはこんなマークが貼ってあり、その店舗では發票は発行されません。

画像1

もし發票が必要ないなら

その場合は、Donation Box 寄付箱があるのでそこに入れましょう。
スーパーの前や空港などにもあります。
お金を入れるよりも簡単で、実は寄付の中から大金が当選しているケースも多いみたいです。慈善団体などで使用されます。

一括管理できる便利なアプリ:「雲端發票」

いくつか管理アプリがありますが、今回は私が使っているものをご紹介します。
レシート慣れしていない私は、実はこの2ヶ月間大量の發票を取っておくというのがなかなか邪魔だな〜、しかも抽選番号が出たら自分で1枚1枚確認しないといけない…と面倒だと感じていました。そこで教えてもらったのは「雲端發票」というアプリ!
使ってみるとこんなにいいことが。

▷お買い物のたびにアプリに發票を登録できる(個人バーコードに読み込む)
▷レシートを取っておかなくて済む
▷アプリに登録しておけば当選結果が財政部からメールで届く
▷お買い物データが残るので、家計管理にも
▷個人バーコードを家族でシェアすれば1端末にデータを集約可能
▷旧型の發票もアプリ内で当選を簡単に確認
▷自分が入会した他店舗の会員カード情報も登録でき、カードレス

お店によっては「發票を印刷しますか?それとも登録しますか?」と聞いてくれる店員さんもいますが、基本的にお金を払う前に一回店員さんにこう伝えてバーコードを提示します。

・アプリに登録して欲しいです:我要載具

アプリのバーコードをピッとしてくれます。(iPhoneを使っていますが、ウィジェットにバーコードをカスタマイズで入れておけば、お会計も楽々です。)
これを家族みんなにシェアしておけば、大まかに2ヶ月分どこでいくら使ったかなどの家計管理も楽です。

支払いの際に登録した場合は、紙の發票は発行されません。
あとは2ヶ月後に当選結果を見るだけ!注意点は、發票の紙がある場合は、紙の保管をしておかないといけないです。
当たりくじは1枚限り。原本がある場合は、残しておかないと賞金と引き換えられません。

アプリ登録方法

雲端發票をダウンロード、新規登録をします。

1.註冊帳號

2.電話番号とメールアドレス登録

3.台湾財政部に登録し、当選したらメール受信するかどうか「是」

 

4.財政部HPに飛ぶので、携帯番号、e-mailアドレス、ワンタイムパスを入力、登録
(一度うまくいかなかったので、わたしは前画面で 受信しないの否 を選んで登録し、後ほどメールに届いた財政部サイトから再度登録しました。)

5.財政部から一時的なパスワードがSMSで送られてくるので、それを入力

6.パスワードを設定し、チェックを入れる
このパスワードはアプリのログインだけではなく、実際に当選した際にコンビニ端末で發票発行に必要になるので忘れないものを。)

これで完了です!

アプリのホーム画面を開くと個人のバーコード、「/」から始まる個人番号(條碼)が発行されます。(ネット通販などした場合、このコードを入れるとデータが入ります。)
日常のお買い物の際、このバーコードに發票を電子登録してもらえば大丈夫です。

 

機能紹介

お店ごとにある会員カードを登録できちゃいます!

ホーム画面「+」▷「卡片發行商(カード発行店)選択▷カード番号をカメラで撮影、登録

お買い物の時に、アイコンをタップするだけです。
会員カードのバーコードと載具のバーコードが続けて出てきますので、それぞ読み込んでもらいます。

QRコード付きの發票をアプリに登録する方法

QRコード付きのレシートを自分でアプリに登録する方法です。
「ここのお店も發票あったんだ!」「アプリに登録してもらうの忘れた!」などのケースで手元に發票がありアプリに登録したい時

我的發票▷左上「+」▷QRコードを画面内に出てきた白いマスに、QRコードを読み取らせる(読み取るとバイブがする)

重要なのでもう一度…
注意点は、紙がある場合は紙の保管をしておかないといけないです。

当たりくじは1枚限り。原本がある場合は、残しておかないと引き換えられません。

QRコードの印字が薄くてうまく読み取らない、そんな場合は手入力でも登録可能です。

我的發票▷左上「+」▷画面右上の「手動輸入」

「※」項目を發票から拾って登録
・「發票號碼/期別」「隨機馬」「消費日期」

当選を確認する方法

奇数月の25日に前2ヶ月分の結果を見ます。
伝統的な發票やその他アプリに登録していない發票が当選したかどうかを確認する方法です。

ホーム画面「對獎專區」から
▷バーコードを読み取って確認▷「快速對獎」の「掃描對獎」
▷下三桁を入力して確認▷「快速對獎」の「後三號對獎」

ハズレくじの時は「沒中獎:当たってない!」とねずみちゃんに言われます

 

当選番号を見たい時

ホーム画面「對獎專區」▷「開獎號碼」

 

使ってみるとデータとして入ってくるのでペーパーレス、会員カードもお財布に入れておけばカードレス!
台湾はこういうアプリ開発やサービスが早いので本当に便利です。
ぜひ台湾ドリーム掴みましょう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA