台北市内

超便利!台湾版ウーバー|タクシー配車アプリは「55688」が使える

出産を控え、色々とシミュレーションしていたら1番先に不安に駆られたこと、それは産院までの移動手段
例えば、日中主人は仕事で不在、急に破水した、急いで病院へ!と言っても、自家用車もないし、我が家の立地は大通りに面していないのでタクシーは流しで走ってこない、痛みに苦しみながら携帯ひとつでタクシーを呼ばなければ、とふと思ったんです。

UBERもありますが、台湾では圧倒的にみんな「55688」というタクシー配車アプリ(確実に数字で怪しいけど…)を入れている人が多いです。
出産に限らずとっても便利なアプリなので、インストール方法と基本的な使用方法をまとめました。

ぷけこ
ぷけこ
なぜかはわからないけど…台湾で家探し、職探し、タクシー、一般的なサイトは全て数字!

 

これ本当に不思議…
決して怪しいサイトではありません(笑)

「55688」をインストール

Uberやアジア圏のGrabなんかの配車アプリの台湾版です。
運営は大手タクシー会社なので比較的安心。空港までの配車予約なども可能です。以前友人が使っていたのですが、朝の4時に配車予約してもきちんと時間通り配車されて便利そうでした。
台湾でよく流しで走っている黄色いタクシーではなく、タクシー会社にきちんと登録している一般の乗用車をお迎えに選べます。ドライバーに評価がつくシステムになっています。一般のタクシーよりも、自分の仕事ぶりや対応、運転技術などが全て評価につながるので、海外のタクシーを嫌煙してしまいそうな運転が荒い、怖い、怪しいなどの運転手さんはほぼいません。私も今は息子くんの検診時、今回帰国時の空港送迎など結構頻繁に使っています。

画像1

まずは会員登録:新規登録は「註冊新會員」

画像3

利用者詳細登録:上から順に入れていき、最後に電話かSMSで確認番号を受け取り、入力します

画像3

利用規約に同意して、登録完了です。

 

途中、クレジットカードと支払いを紐付けするか?と出てくるので、飛ばします。
台北市内の移動であればそんなに高額ではない事、タクシーと言えどもまだまだ台湾は現金社会なので。
トラブルが少ない確実な現金で毎回片付けておくのがいいかと思います。

画像5

 

基本的な使用方法・設定

ホーム画面>右下の「我的」>「最愛地點(お気に入り)」>自宅(住家)、公司(会社)、その他お気に入り登録

お気に入りを増やすときは、右上の「新增(新規追加)」から登録。
マップ上でマップピンを落とすか、住所をダイレクトに入力して登録します。大きなホテルや大型チェーン店、病院、学校などの登録であれば住所を入れると名前も拾ってきます。

ここに登録しておくことで、毎回の配車が楽になります。

 

 

台湾でありがちなのが、配車ついでにコーヒーも買っていきませんか?みたいなクーポンもあることです。
割引、キャンペーン、お得情報のことを「優惠」といい、アプリの下の方にスワイプしていくと出てくるので、うまく使うのもいいかもしれません(๑・̑◡・̑๑)

タクシーは走ってしまうとどうにもできないので、夜間であれば安全な街であっても出歩かなかったり、誰かと乗る、女性運転手を選択するなど防犯対策も一応はしたい所です。

 

実際に使ってみました!

私自身、子供ができるまでは普段タクシーなんて滅多に乗らなかったのですが、自家用車がない分タクシーを頼る機会が増えてきました。

タクシーを呼ぶ時は、ホーム画面「現在叫車」

 

地図上で車に乗りたい場所を選択、または住所入力してピンします。
住所じゃなくても、近くのコンビニの前とかでもOKです。

乗車位置=「上車」を押し、
降車位置=「下車」を続けて入力します。

登録ができたら、「確認叫車:配車確認」を押す。

 

車の種類選択

小黃計程車:一般の黄色いタクシー
多元計程車:一般的な多様な車種
豪華型多元:ちょっとランクの良い車(x1.4)
6人座多元:6人座れる(x1.4)
寶寶多元:チャイルドシートあり(x1.2)

機場送機:空港送迎
酒後代駕:代行運転

一般の車でも台湾は大型の車が多いので、通常観光や生活で使う場合は一般のタクシーで問題ないと思います。特別な車種を選択すると割増料金になるので要確認。

 

 

支払い方法

 

支払い方法は「現金」がデフォルトになっています。
プルダウンすると、「現金」「悠遊卡」や「車上實體信用卡(車内でカードを切る)」など選択できます。

「備註需求」(その他リクエスト)

 

「照導航走:ナビに沿って走る」
道を知っている場合は口頭で運転手さんに指示を出せると思いますが、普通はナビをつかって走ってくれます。特に気にしなくてOK

「不聊天:会話しない」:乗車中話さないで欲しい

「協助上車:乗車援助」:乗車時ヘルプが欲しい

「大件行李:大型荷物」:大きい荷物がある

「寵物友善:ペットフレンドリー」:ペットと乗りたい

「女司機:女性運転手」:女性の運転手を呼びたい

 

特別なリクエストがあれば、それぞれポチッと押して、タクシーを呼びます。

使ってみた感想は?

 

「多元計程車」は一応特殊車両の扱いなので、近くにすぐ向かえる車がなければ、黄色い一般タクシーが向かってもいいか?という警告が出ます。
絶対リクエスト通りの車なら「不同意」、気にしない場合は「同意」を選択。

 

近くの車が配車されると、大体何分後にこちらへ着くか表示されます。
地図上に車マークが軌道付きで向かってくるのが分かります。
運転手に事前に伝えたいことがあれば「聯絡司機:運転手に連絡」で、電話を入れることも可能です。

配車をキャンセルしたい場合は「取消叫車:配車キャンセル」を押します。

画像17

配車は本当にスムーズで、運転手さんも星で評価がついているので、比較的安心です。
アプリ上、運転手が到着すると「到着済み」という通知が来ます。

画像18

現在はマスクをつけないとタクシーに乗れないので、マスクをつけてくださいね〜という案内が出て、実際に乗ったら「我知道了:分かりました」を押して出発です。
台湾では、行動履歴を把握するQRコードを読み取り、政府指定機関へSMSを送ることになっています。(2021年9月現在)

降車場所を登録しているはずだけど、確認会話で「どこまで行く?」とか「行き先はここだね」と聞いてくれる運転手さんもいます。その際は、道路の名前を伝えられることが多いので、降りる場所の通り名を記憶用にメモ書きしておくのも良いと思います。

もし乗りたくないようなボロ車や運転手さんが来たら、それはこちらにも拒否する権利があるので、もう一度呼び直せばいいとのこと。

 

車内にあるタクシー登録証明と氏名は同じでしたし、支払いメーターにも(x1.0)の表示があり割増はされていない。
ナビに従ってきちんと走行してくれました。高速に乗ると、一時的に別途割増料金になりました。

乗車後は、お金を払い降車。一般的なタクシーの乗り方と同じです。

最近は運転手になりたてです、みたいな方も多いので道に詳しくない人もいますが、ナビに従っているのでとんでもなく変な場所には行かないです。普段走っていない場所は特にナビに頼りきりという感じです。

最後に運転手の評価を送信して終了です。
ちなみに台湾人は評価が辛口なので(個人的意見)、星5の運転手さんはほぼ100%”当たり”です。
評価送信の時に、「もうこの人は配車リストに入れたくない」というのもあるので、乗車したけど1回きりだな、と思った場合はそれを押すと良いかもしれませんね( ・∇・;)

ちなみに、台湾人のお友達が言うには破水をしている状態でタクシーを呼んだ場合、乗車拒否をされる事も稀にあるそうで。
配車時に「破水してるけどいいか?」と聞けたらベターとのこと。また、清掃代金として100元くらい多めに払うと良いよ、との事でした。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA