台湾ライフ

台湾の中華電信|携帯2年更新を失念するとこうなる|更新しなくても使えるので要注意!

台湾に来て、2年。
それはつまり…
携帯の2年契約が切れたので契約更新の必要がありました!
気づかなかったら高い料金を毎月「データ追加購入」する羽目になっていた!
日本の携帯料金よりは断然安いのですが…

心強い台湾人ママに助けを求め、解決できました…

 

・キャリアが中華電信
・使った記憶がないのに「データを使い切った」とSMSがきた
・料金請求が高くなった
・2年契約で割引になっている方
・契約更新が必要な方

以上に当てはまる方、参考になれば幸いです!

こんな条件で契約

わたしは、2019年12月10日に中華電信で4G199元のプランを2年契約しました。一応契約についてこんな手順、説明があったのでそれも明記しています。

2年契約ができる場合の値段です。
実際の支払いは299元/月(1日から31日換算)の契約は以下の通り。

例えば20日から契約した場合
その1ヶ月分の契約料金は20日から月の末日締めで日割計算されます。

2年契約
データ4G
中華電信番号への無料通話 20分
他の業者または固定電話あわせて無料通話 20分
国際電話はかけられない

契約の際、SIMカードが欲しいと言うと旅行者用SIM契約と勘違いされるので、居留証があるから長期契約希望と説明してください。

ちなみにデータ食べ放題(データ無制限)で契約した場合、ケーブルテレビを無料でつけれますよ〜とうまく言われる場合がありますが、それは結局お金取られるのでいらないと言ってください。

契約の際、持参したもの

・パスポート
・居留証
・まとまったお金(今回は4100元払った)

お金について

長期契約で保証金 2900元
毎月契約料金の299元から、100元/月 x 1年分 1200元
あわせて4100元を契約時に支払いました。

つまり!
毎月4G以内の使用であれば、1年目は月々支払いは199元でOK!

料金通知と支払い方法

SMSで毎月25日までに支払い料金が送られてくるようです。
4Gを超えてデータ通信をした場合に月額料金に上乗せ(結局は自分でデータを追加購入)になります。

最初は確認のためにも支払いの請求書とデータ使用レポートがついたものをもらっていたのですが、ある時からクレジット引き落としに変えました。
そ唸ると、旦那さんのカード明細は見られないので、確認を怠り2年目から299元の支払いになったことも気づかずでした。

自宅ではWi-Fiがあるし、外出先でデータを使うような動画やダウンロードもしないので、月々4GBですら使い切らずに終わる人です。

契約は予告なしに切れる

おかしいな?と思ったのは、2021年12月中旬にSMSで「データを使い切りました」と受信したこと。

さらに「なんかおかしい!確認しないと!」と思ったのは、今日2月1日の朝10時に「2月分のデータを使い切りました。」とSMS受信したこと(笑)

はやっ!ってなったんですね。

確かにデータ通信でLINEのビデオ電話はしたけど、4Gも使い切らないよね?!とのことで、アプリをよく見てなんかおかしいと思ったんです。

私は、残りのデータ量を確認するためにも中華電信のアプリを入れています。
こんなふうに余剰が十分の時は、ブルー
残り1Gを切ってくるとオレンジになってきます。

今思えば、12月でちょうど2年契約が切れるので、そのタイミングでSMSを受信したんですね。
Wi-Fiを切ってデータ通信をしていたこともあり、気づかないうちにデータを食ったのかなとその時は3G(450元)追加購入しました。
この追加購入分は12月の残り〜1月31日までに使い切ることになっていたので、1月は普通に契約を気にせず使えていました。

契約が自動更新ではなかったので、契約更新時は要注意です。

契約が切れてるかも?のサイン

契約更新の事前確認はない契約が切れていても携帯、データ自体は使えるので、なかなか気づきにくいです。
契約が終了すると、割高な料金に置き換わるので早く気づかないと危ない。
データ速度が少し落ちたなー、くらい。
それが地下にいたりWi-Fiが遅いのかな?という環境だったら契約終了とは思いませんよね。

アプリで確認

アプリのホーム画面下の方に契約内容が表示されてきます。
オレンジのボタンになっているのにも気づかなかった(笑)
「立即續約」だと「今すぐ契約継続する!」なので、切れてましたね…(笑)

通常時は「5Gに引き上げる?」みたいなプロモーションなので、確かに

携帯料金で確認

2年契約で299元のプランが切れて、追加料金がボロボロと発生した結果、携帯請求料金が変わってきます。

SMSがくる→データ通信速度が遅くなる

中華電信の契約外のキャンペーンなどでSMSをよく受信するので面倒で注意深くいつも見ていなかったのですが…

契約が切れるよ、というSMSではなく、「データを使い切ったよ、データ通信の速度が落ちます」とくるのでちょっと気にかけるといいかもしれません。

今回は中華電信のコールセンターへ電話をかけて、その場で契約更新をしました。
契約更新をし、携帯の電源を切って3分後にアプリもリフレッシュされているのを確認し、解決しました。

リマインダーなどで契約が切れる前にチェックするのが1番ですね。

日本語ですら携帯料金の契約って落とし穴みたいなのが多いので、きちんと台湾で平和ボケしていたのかアンテナを張っておかないと、と再確認となりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA