〈基礎から〉中国語文法

中国語「多・少」の表現|「多V」 vs「多一點V」をきちんと使い分け!

もっと多めにご飯食べなよ〜、お酒は控えめにね〜という「多めに〜する」「少なめに〜する」という会話は結構多いですよね。
また「私、滅多に風邪引かないからさ〜」など回数の強調もあります。
使い方が多様な「多」の表現、「少」の表現をご紹介します。

形容詞の「多」「少」

副詞を伴って、量について話す場合に使われます。

・私は友達が多いよ:我有很多朋友

・めちゃ人多いね:哇,人很多

・持ってる洋服少ないよ:我的衣服很少

 

副詞の「多」「少」

:もっと多めに〜する

~,多+動詞+(数量詞・数字・量詞)+目的語

数量詞は「一點」「一些」の2つが使われます。

一點は“ほんとに気持ち多めに”という感じなので、どさっと多めにと言いたい場合は“一些”を選んで使うといいです。

・外は寒いから一枚多めにジャケット着なね:外面很冷,出門的時候,多穿一件外套

・風邪ひいたら多めに水を飲んだほうがいいよ:你感冒了,應該多喝一些水

・明日はお客さんが来るから2,3品多めにご飯作らないと:明天家裡有客人,我要多做兩三道菜

 

 

もっと少なめに〜する

~,少+動詞+(数量詞・数字・量詞)+目的語

・お酒少なめにしたほうがいいよ:你應該少喝一點酒

・コーヒー1杯少なく買ってきちゃった:我少買了一杯咖啡

・テレビ見るの少なめにね:你少看一些電視

 

めったに〜しない

この形で1つの便利な構文なので、覚えると便利です。

很少+動詞(+目的語)

・私は滅多に牛肉を食べない:我很少吃牛肉

・彼は滅多に運動しない:他很少運動

・家族は滅多に風邪をひかない:我家人都很少感冒

「多+動詞」との違い

「多」を使った似たような表現、「多+動詞」との違いわかりますか?

「多吃飯」vs「多吃一點飯」この2語の違いは…

ふたつの文、どちらも“多めにご飯を食べる”ですがニュアンスが違います。
「多+動詞」の場合=もっと回数を多く行う(常常)です。
つまり行う回数・頻度をもっと増やしたほうがいいよ、となります。

例えばダイエット中のお友達がみるみる痩せてしまって、
“もっとご飯食べる回数を増やしなよ”という意味で使う場合です。

・痩せすぎだよ、もっとご飯(回数)食べなよ:你變得太瘦了吧,應該多吃飯

 

3食食べてるけど、毎回パン一枚でご飯を済ませようとしている。

もっと多めに量を食べなよと言いたい場合は

・ご飯それだけ?もっと食べたほうがいいよ:妳只吃一片吐司嗎?多吃一點

になるわけです。

 

回数を多めにというニュアンスなのか、量を多めにという話かで選ぶといいですね。

 

「少」よりも、「多」の用法がとても多い中国語。
うまく使えると会話の幅も広がります!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA