台湾中国語

きちんと使い分けたい中国語|”知ってる”を表す「知道」「 認識」

ママ友と知り合う機会が増えて、新しく知り合ったママが自分の仲良しのママと元々友達だった!なんてことが頻繁に起こる台湾あるある。
そこでまたみんなで仲良くなって…という素敵な輪が広がっております!

日本語では物事を知っている場合の“知っている”と
人を認識しているという意味の“知っている“場合は使い分けをしない場合が多いですよね。
中国語では漢字の意味が命なので、使い分けをきちんとします。
今回のきちんと使い分けたいシリーズは、「知道」と「認識」をご紹介します!

 

知道(ㄓ ㄉㄠˋ/ zhi daˋo)

:知っている
はっきりと物事をわかっている状況の時に使います。

例えば中国語のクラスを受けていて自分が知らない言葉をクラスメイトが使っていたら
“その言葉わたし知らない”と思いますよね。

・「知道」は心理的動詞なので、過去の否定であっても「沒」は使いません。

 

・「知道」の後ろに文章がつく場合、
疑問詞がある疑問文・反復疑問文・相対語が入ります。

中国語の否定語「不」「沒」使い分け/「不」声調変化ルール中国語の基本で声調の他にもう一つ悩みやすいのが、否定形 否定形マスターしてますか? 授業中にこの2つの使い分けで先生に違うん...

https://www.mummy-mandarin.com/chinese-question-how-to-answer/306/

・あなたは知ってる?ー私は知りません:你知道嗎?ー我不知道

・私はあの人がどこの国の人か知りません:我不知道那個人是國人

・彼はこれが誰のものか知りません:他不知道這個是

・彼女はこの飲み物が美味しいかどうか知らなかった:她不知道這個飲料好不好

・みんなその子が女の子か男の子か知りませんでした:大家不知道這個孩子是女孩還是男孩

 

認識(ㄖㄣˋ ㄕˋ/reˋn shiˋ)

:(人のことを)知っている、知り合う

最初に話した「〇〇ちゃん(ママ友)知ってる?」のタイミングで使われます。

 

・彼のこと知ってる?:你認識他嗎?

・ 私は彼女のこと知りません:我不認識

・彼らがあなたに挨拶してるよ、彼ら知ってる?:他們跟你打招呼,你認識他們嗎?

 

ちなみに…

「認識」を使った言葉で、最初の方に習うものがあります。
「很開心認識你」や「認識你很高興」

本当にかしこまった感じなので実際の会話ではあんまり使わないようです。
日本人は“よろしくお願いします”で会話が終わることが多いですが…

初めて誰かと知り合った時、別れ際に使う締めの挨拶(?)で“お会いできてよかったです”という感じですね。
先日、お散歩コースでコーヒーを飲んでいたら、女の子を連れたママと話すタイミングがありました。
ドイツで国際結婚をしたという人で、旧正月に合わせて子供の顔を見せに台湾に一時帰国したようでした。
ひとしきり喋ったあと別れ際に、まさにこの言葉を使うタイミングでした。

全然関係ない話ですが、同じような月齢のママだったので話が盛り上がり、、
ドイツでは母乳育児が推奨されていようで、毎晩夜中に起こされて授乳してるのよ!と大変さを分かち合えたのもなんだかいい思い出(笑)

 

「知っている」と言う一語でも使い分けが必要ですね。
参考になれば幸いです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA