お店・観光・お出かけスポット

台湾旅行、これ必須!|子連れ旅であると便利なもの|離乳食、台湾のコンビニをうまく活用!

先日、初めて子連れで飛行機に乗り旅行チャレンジしてきました!
夫婦二人の旅行とは全然勝手が違うものですね〜。
二人ならコスパ重視って感じでしたが、子供がいるとそうもいかない!

今回は、こんなことをまとめてみようと思います!

✔︎宿泊先の決め方
✔︎あると便利な持ち物
(台湾の旅行一般、子連れ旅)
✔︎どこでもあるコンビニやホテルでの朝ごはんを利用した離乳食アイデア

宿泊先の決め方

台湾で子連れ旅行を計画中、こんなところを注意して選びました。

✔︎「家庭友善」ファミリーフレンドリー
✔︎「家庭房」ファミリールーム
✔︎「兒童遊戲區」キッズルーム
✔︎「洗衣」ランドリーがある
✔︎可能であればキッチン使用可能
✔︎フローリング、または畳
✔︎ベッドが低い、または布団

今回、台東市内の宿泊で検索していると
B&B、民宿、ホームステイのカテゴリーが多いのですが、ファミリーフレンドリー、キッズルームが充実した宿泊施設が多いことに驚きました!
実際に宿泊した場所は、閑散期ということもあり朝食はつかなかったので、チェックインの際に鍵を渡して後は自由という感じで楽!
離乳食の温めやマグなど洗えるので電子レンジやキッチンが使えるのは便利でした。

 

台湾旅行の必須持ち物

まず、子連れでなくても台湾旅行であると便利なもの。
大きな市の超高級ホテルに泊まる場合はいらないかもしれませんが、特に離島や田舎旅行へ行く際には必ずあると便利です。

✔︎水に濡れてもいいサンダル
✔︎(乾きやすい)大きめタオル
✔︎水筒
✔︎帽子、日焼け止め、傘、サングラス類
✔︎薄めの羽織れるもの

台湾は、シャワーの横にトイレパターンが多いので、シャワーを浴びると洗面エリアが全濡れになるため。
その割に洗面エリアにスリッパがない。

離島などでは、環境保護をうたって“紙タオル”のところも多いです。
またコロナ対策などで使い捨てが必要な場合もこの紙タオルが導入されています。

しかし、これが本当に水を吸わない!
ほぼ体の表面に残る感じです(笑)

【台湾入国後】2週間の隔離ホテルを乗り切るアイディア!先日、晴れて2週間のホテル隔離が終了しました。 実際に隔離をしてみて台湾での隔離の流れ、ホテル設備などの制限、過ごし方のアイディアをお...

 

子連れ旅の持ち物

ベビーフード、離乳食パウチ、着替え、オムツなどはみなさん持って行くと思うので、それ以外で意外と便利だったものを。

✔︎食器用洗剤、スポンジ
✔︎ご飯1杯分保存などのタッパー
✔︎パウチを開けて食べさせる皿(使い捨てしたい時)
✔︎ジップロック
✔︎フリーズドライ系ベビーフード

台湾はお水をコンビニなどで買わなくても、ウォーターサーバーがあるので給水には困りません。

「温開水」と書かれたものは、要は湯冷しになる。
一度沸騰させたものを冷ましている水なので、どこでも汲めます。
しかもぬるい温度が出てくるので手っ取り早い!

なので、洗剤とスポンジを持参しておけば、荷物が少なくて済むし滞在中、ストローマグが使えました。

保存容器は、電子レンジ、べビーフードの温め(湯煎風)、お皿がわり、となんでも使えました。

フリーズドライ

今回の旅行で、「タンパク質」の少なさが結構気になりました。
10ヶ月のタンパク質量1食分の目安は、肉魚で10〜15g
これって結構な量。
旅行中、環境が変わって体調不良や便秘になっても嫌だし…ということでやはり便利なフリーズドライを利用していました。
このシリーズは、お魚、納豆、鳥レバーなどがあり、旅行先で入手しにくい食材、さらに必須なタンパク源をしっかり補給できます。

 

他には、お麩やフリーズドライ野菜でかさ増しなど、台湾のパン屋さんで購入できるもの(他の記事あり)なども持参しました。

離乳食これ便利!タンパク質も摂れる”お米ベースのフレーク”に期待♡台湾ドイツ系パン屋さん「Mr.Mark」でいいもの見つけました!離乳食後期になり、外出先での離乳食にもチャレンジしたい頃。 主食の米が気軽に持ち運べたら便利でいいのにな〜と思っていたところ、日本で売...

コンビニで探せる離乳食

離乳食パウチを4日x3食分持っていったんですが、これが結構な量。
でも、出先で子供に食べさせられるものがあるかなーという目線で探してみるとこちらも結構探すのが大変。
パウチって便利だけど、成分表を見ると大体不足している(笑)しかも米だけで80g平らげるのに、実質パウチ1つだけでは一食分に到底届かないんですよね。
台湾では、とりあえずコンビニが多いのでこんなものをパウチにプラスで食べさせていました。

・さつま芋
焼いているタイプとパウチになっているタイプ

・バナナ
バラ売りで20元
こんな感じで気持ち新鮮味でる(笑)

・冷凍野菜
同じところに泊まれる、または自炊する旅行だとこんなのもありかも

・米
これにお水を足してチンすると、子供でも食べやすく◎

ホテルビュッフェを活用

台湾のホテルで「朝食ホテルビュッフェ」となると、こんなものが子供にあげられそう。
油コッテリ、味濃いめなどが多いので素材感を求めるとこの辺りかな〜

・お粥(これはほぼ100%ある)
・豆乳(無糖が多め)

・ヨーグルト(甘いものも多々あり)
・蒸し野菜

今回は、さつまいも、カボチャの蒸しがありました。

 やばい、質素すぎる。
ホテルによって、出るものもかなり偏りがあるのでお粥以外は期待できませんね…

番外編

今回は、新鮮なお刺身が購入できたので、それも電子レンジでチンしてあげてみました。
これが1番しっかりタンパク質を摂れたものだったかも(笑)

 

運よく台湾ではお布団や畳部屋を探すことができるのでありがたいです。
いい経験になるので、たくさん旅はさせたいところ。
ホテルレビューなどもあげていきます。

まだまだ子連れ旅行、模索中です!

台湾加賀屋温泉宿泊レビュー♡|台北MRTですぐ行ける温泉街「北投」をぶらり台湾で温泉?となりそうですが、環太平洋火山帯に位置している台湾。 地熱資源が豊富で、湧き出す温泉はなんと台湾の島全体で100箇所以上!...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA