〈基礎から〉中国語文法

中国語”〜から〜まで”|乗り物で”乗る”の動詞が違う!

台北はとてもコンパクトな街なので、バス、メトロ、自転車、もしくはタクシーなど交通網がたくさんあり、移動にはとても便利です。

1DFD93A3-C3BD-4727-95A1-C47823F8D604
私だけかなあ(?)現地集合が多いので、「〜から来ました」「〜まで行きます」などの場所の地点を含む話や、友達との待ち合わせなどで「どうやっていくの?」「(交通手段)何に乗ってくる?」という会話って割と多い気がするんです。
今回は、乗り物の中国語と移動手段に関わる中国語をご紹介します!

「從/到」

まず基本的な語句の確認からしていきます。

「從(ㄘㄨㄥˊ/coˊng)(前置詞):〜から」
「到(ㄉㄠˋ/daˋo)(前置詞)(動詞):(前置詞)〜まで」

「從/到」の前置詞は単体でも使えるし、セットにしても使えます。
場所だけではなく、営業時間などの“何時から何時まで”や“何歳から何歳まで” などの幅を伝えられる便利な表現です。

中国語では“〜から” や“〜まで”を表す前置詞を名詞に前に置くので注意です。
日本語:日本から台湾まで
中国語:從日本到台灣

語感についても軽く触れますが、

「來」は話している人に向かって近づいてくる感覚
「去」は話し手がある地点や場所に向かって離れて行く感覚 です。

「來」「去」「走」の違いを詳しく↓

中国語の「行く、来る」の使い分け|「來」「去」「走」の語感イメージで簡単!なんとなくわかるようで分かりづらい「來」「去」「走」 の使い分け... 中国語では、つけずに喋れるの?と思うほど、人との会話では頻発で...

この語感を確認した上で、基本文型を見ていきます。

基本文型

主語+[助動詞/否定語/副詞]+到+場所(PW)+(去/來)
:ある場所まで行く/来る

主語+[助動詞/否定語/副詞]+從+場所(PW)+到+(去/來)
:どこどこから、どこどこまで行く/来る

・実家から来ました:我從先生老家來
・どこまで行くの?:你到哪裡去?
・私達はアメリカから来たのではなく、日本から来ました:我們不是從美國來的,是從日本來的
・学校まで行って授業を受けないと:我要到學校去上課

どうやって行く?来る?の交通手段

歩いて行く、走ってきた、バスで、飛行機で、自転車に乗って、、など
交通手段や移動手段をあわせて言うこともできます。

主語+[助動詞/否定語/副詞]+手段(+乗り物)+(去/來)
:どんな手段(乗り物)で行く/来る

中国語では、乗り物への“乗り方(動作)”によって、使う動詞が変わります!

何かに乗って移動する場合は“手段”は、動詞の“座る、乗る”などです。
乗り物に乗らず徒歩などの場合は“歩く”という動詞をそのまま当てはめればいいです。

・坐(ㄗㄨㄛˋ/zuoˋ)または搭 (ㄉㄚ/da):乗り物に乗る
・騎(ㄑㄧˊ/qiˊ):特に跨って乗り物に乗る
・開(ㄎㄞ/kai):車などを運転する

・走路(ㄗㄡˇ ㄌㄨˋ/zoˇu luˋ)(VO):道を歩く
・跑(ㄆㄠˇ/paˇo):走る

 

基本的な乗り物

・船:船
・タクシー:計程車/小黃・自動車:汽車/車
・市内の公共バス:公車(公共汽車)


・高速バス:巴士


・自転車:腳踏車/自行車(特にスポーツ用バイク)
・バイク:摩托車
・飛行機:飛機
・地下鉄:捷運
・台湾高速鉄道:高鐵
・台湾国鉄:火車/台鐵

 

・明日どうやって行く?:你明天怎麼去?
・バスに乗って行くよ:我坐公車去
・車運転して行くの?それとも飛行機に乗る?:你們開出去還是坐飛機去?
・あの先生は自転車で学校まで来る:那位老師騎腳踏車到學校來
・僕たちは学校からカラオケまで歩いて行くよ :我們從學校走路到KTB去

 

台北の交通事情はというと地下鉄が4、5分に1本の運行があり東京並みに整っています、でも東京ほど複雑ではないです(笑)

大体大通りに沿って東西南北に伸びていますが、地下鉄がない部分はバスやタクシーを使うのが一般的です。

台北 住所表記は簡単だった!|住所を見れば大通り、裏通り、立地まですぐわかる 台湾はじめ、ほとんどの海外の住所は日本よりも簡単です。 これから台北に駐在に来る方で土地勘がなくても住所を見れば大まかな情報が...

でもバスは慣れれば簡単なのですが、初心者にはローカル感ありすぎて、いろんな意味で激しい。バスがなんの違和感もなく乗りこなせれば、かなり台湾通です(笑)
今後バスについてもご紹介できればいいいなと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA