〈基礎から〉中国語文法

中国語「的」の使い方|名詞を重ねて具体的な文章を作れる!

中国語の文章を作る時、名詞の特徴(どんなもの、誰がどうしたもの、どこにある、など無限にある)を修飾していくことが可能です。

修飾していく言葉は名詞の前につらつらと置かれます。
最後の名詞の前に「的:日本語でいう、〜の」をつなぎの言葉を置くと、どんなに長い文でも詳細を説明することが出来ます。

では、実際に見ていきましょう!

 

「的」って便利!

「的(ㄉㄜ˙/de)(助詞)」:所有や修飾成分として使われる

例えば
・這是他的:これは彼のもの
・這是他的書 :これは彼の本

こんな風に「的」を使うことで文章の表現がかなり広がります。
用法がたくさんありますが、省略してもOKな場合もあります。
まずは省略されるケースを見ていきます。

 

「的」を省略できるケース

①指定代名詞(這,那,哪)が使われ名詞を特定する場合

・你(的)那位朋友很忙:あなたのあの2人の友達は忙しい
・我喜歡王太太(的)那隻貓:私は王奥さんのあの2匹の猫が好き

2つ目の例文は以下の様な2つの文が1つの文にまとまっています。
・王太太有一隻貓,我很喜歡:王奥さんは1匹の猫を飼っている、私はとても好き

中国語初心者は必須の”こそあど” どんな言語にもこれ、あれ、それ、どれ などの指示詞ってありますよね。 指示詞を使うことで前述した内容の重複を避ける...

 

②家族などの人間関係・所属・組織を説明する人称代名詞

・私の弟:我弟弟
・私の家族/家:我家
・私の学校は3名の英語教師がいます:我學校有三位英文老師

 

「的」が必要なケース

では名詞を説明するのに「的」が必要な場合とルールです。

①動物や無生物の所有関係

・彼の家:他的房子
・彼のものは全部かっこいい:他的東西都很好看
・私の名前は田中花子です:我的名字叫田中花子

中国語で自己紹介/実は「叫」が正解!台湾に仕事や留学で来る方は自己紹介をするなどの基礎は押さえるかもしれませんね。 でも意外とさらりと流されてしまう印象が。 実は意...

 

②名詞が何個も繋がった時

最後の名詞の前に1回だけ「的」をつける

・私の旦那さんの同僚の奥さん:我先生同事的太太
・あの女の子は彼の学生の妹さん:那個女孩是他學校的妹妹

 

 

③名詞+的 :~のもの

文の中で名詞が既に周知された状況であれば、その名詞は繰り返されず「的」で示す。

2語が名詞化するので、A=Bという分構造になり「是」が入ってきます。

・あの2冊の本は私の弟のもの:那兩本書是我弟弟的
・これは先生のものではなく、学生のものです:這不是老師的,是學生的

 

形容詞で使われる「的」とは?

“かわいい犬”や“仲のいい友達”など名詞に形容詞をつけて修飾する時もあります。
形容詞の修飾も名詞の前につらつらと前置きです。

 

形容詞を用いて名詞を修飾する際のルール

①1文字の形容詞→「的」不要

・小さい犬:小狗
・彼は本当にいい人です:他真是一個好人
・彼は大きな車が好き、私は新しいのが好き:他喜歡大車,我喜歡新車

 

②形容詞が1文字であっても副詞がある場合→「的」必要

・とても背の高い人:很高的先生
・本当に古い車:真舊的車

 

③2文字の形容詞→「的」必要 例外あり

・とてもかっこいい時計:好好看的錶
・綺麗な景色:漂亮的風景

例外:

「便宜」と「很多,很小などの量」が形容詞に使われる時→「的」不要
これは覚えるしかない!

・母は安いものを買うのが好き:我媽媽喜歡買便宜(的)東西
・ここでは日本のものがたくさんある:這裡有很多(的)日本東西
・この安いカメラはとても良い:這個便宜(的)照相機很好

 

④形容詞+的→名詞化される

名詞が既に周知された内容の場合です。
日本語では“〜のもの”がしっくりきそうですね!

・あの2人の背が低い人が妹、高い人が兄です:那兩個人,矮的是我妹妹,高的是我哥哥
・私は辛いものが欲しい:我要辣的
・黒と黄色、どちらがいいかなあ?:黑色的,黃色的,哪一個好看?

これらのルールを踏まえると、
“仲のいい友達”は“好朋友”
“1番仲のいい友達”では、1番を表す副詞「最(ㄗㄨㄟˋ/zuiˋ」が付くので
②のルールを適用して”最好的朋友”になるんですね〜

「的」の用法は覚えてしまえば、いろんな名詞の特徴を肉付けできる便利な語です。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA