ぷけこのおすすめ

台湾でおいしい果物を見分ける技!梨好きさんにおすすめインドナツメ|野菜・果物のグラム売りは計量必要です。

台湾の大型スーパー(フランス系のカルフールと台湾ローカルのRTマート)ではグラム幾らという値段設定の野菜は、欲しい分だけを取って「計量エリア」で係の方に計ってもらい、値段シールを貼らなければいけません。

例えば、カルフールで売られているこのバナナ
木から切ってきましたという状態で置いてあります。

CA4C6627-7F7A-4C3E-9076-30810B45A3BB

流石にこんなに要らないなと思い、頑張って数本もぎろうとしたら、到底手ではちぎれないくらい幹(?)の部分が硬いんです!
すると、おばさんがあそこへ行きな!と教えてくれました。

04645DF8-B61E-427A-83A8-1869885E3F29

4本欲しいと伝えると、右が左、どちらから4本か?と。
こだわるね〜と思いながら、左から!と伝えるとミニ斧でスパンと切ってくれました。

少し脱線しますが、日本のスーパーではフィリピン産などが多いイメージですが、台湾のバナナって本当にもっちりしていておいしいです。
台湾に旅行に来る際は、マンゴーに目が行きがちですが…

実は身近なバナナも普段食べているものと食べ比べてほしいです。

A20AFB0E-7EA7-448D-9010-DB4E19E251D6

さて、重さを計ってシールを貼ってもらい、これで完了。
個数、パック売りではなく、重さで購入する場合はこの作業が必要です。

台湾リアル生活|台湾の市場で物を買うときの便利フレーズ|ある日のお買い物【野菜編】|いきなりですが、私のある日の野菜購入品。 いつも野菜は八百屋さんかスーパー(PX)で購入しています。 今回は、全て八百屋さんで、...

 

79A6797A-77BD-4335-89E4-6FE94EE84B96

さて、台湾ではフルーツが年中手に入るので、お菓子よりもフルーツを食べるというなんとも贅沢ができるのですが、どんな時期でも甘くておいしい旬のフルーツを食べたいですよね。
市場では今では感じにくくなった“食べ物の旬”をまだまだ感じられます。

ようやく寒い時期になって出始めてきたこのフルーツ、なんだと思いますか?

青リンゴだとばかり思っていたけど、違いました!
インドナツメというフルーツで、梨好きには絶対おすすめのもの。
漢方茶などでよく見かける赤い小粒のシュワクチャになっているものとは、別品種です。

0A67EB5E-DE20-462E-877F-E46B0BBF1A9E

せっかく台湾に来たなら、必ず食べて欲しいフルーツ。
スーパーでもいいけれどせっかくならとれたての食材が並ぶ市場を覗いてみましょう。

と言っても、市場の雰囲気は活気があって(ありすぎて…!)ちょっと雰囲気にのまれます。
話すのもなかなか難しいところですが、大丈夫です。

この言葉を見たら、甘いフルーツが一目瞭然

まず、甘いを意味する「甜 」という文字

961F4A51-900D-48A8-B0DE-86E80078B92F

そして、「包甜」という言葉
お店の人が甘いと自信を持っておすすめするものに書きます。
太鼓判ってことですね。
これならフルーツ屋さんでも、市場でも買える気がしませんか?

DD08DEAE-9BB4-4B1F-9B96-ABCC8FACAE15

先ほど紹介したインドナツメ
品種改良された1番おいしい品種がこの「蜜棗」です。

1CFC9EBE-4964-463C-B82A-BD14970261A3

一番市場に出回る時期でも、1斤(600g)=59元(200円くらい)と少々お高めですが、シャキッとみずみずしく、後味は爽やかです。

真ん中に梅干しのような種があるのですが、りんごみたいに芯がないので食べやすさも◎
さらに最高なのは、リン、カリウム、鉄、その他にもビタミンC、B 1、B2など栄養素がたっぷり。
日本への持ち出しが面倒なフルーツ、今なら本場の台湾ナツメを日本で楽しめる!

台湾ロスの方、必見です♡

2F6A0F87-6E38-41F7-B25F-69FC25BBF8D2

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA