〈基礎から〉中国語文法

置く場所で意味が違う要注意中国語|「快一點吃」vs「吃快一點」の違い

置く場所によって、意味が全然変わっちゃうよ〜っていう中国語シリーズ(?)。

“少し”を表す「一點」は日常的に動作の“速い・遅い”を意味する「快」と「慢」 ふたつの副詞とくっついて、程度の説明をします。

今回は

✔︎「快」「慢」の使い方
✔︎語順が大事!「快一點吃」vs「吃快一點」

この2つをまとめてみたいと思います!


 

「快」「慢」+動詞

まず基本の形として「快」(副詞)+動詞
→この形は少し命令的な印象を与えてしまうことも

・早く食べなさい:快吃
・早く行きなさい:快走

 

一方で「慢」(副詞)+動詞
→この形は少し礼儀のある伝え方になります

・ゆっくりお召し上がりください:請慢用
・お気をつけてお帰りください:請慢走

この前コンビニの新人店員さんが帰るときに「請慢走」って声をかけてくれました!

台湾のコンビニって本当に便利。|これ聞かれる、コンビニ会話の中国語中国語でコンビニは、「便利商店」 まさにその名の通り、何かと便利です。 台湾のコンビニあるあると大体聞かれる中国語をゆるっとご紹介し...

 

「一點」と一緒に使われる場合

では「一點」と一緒に使われる場合はどうでしょうか?

例えば出来立てのご飯を目の前にママが「早くご飯食べなさいね〜」と言っています。
その早く〜しなさいという言葉にはタイミングがふたつあります。

「快一點吃」vs「吃快一點」を考えると、下のような解釈になります!

「快一點吃」は、“食べ始めるという動作を早く起こしなさい”
→寝起きなのかな〜、椅子に座ってぼーっとしてる子供の顔が…

「吃快一點」は、“食べる速度を速めて食べなさい”
→他に気になることでもあるのかな〜、なかなか手が進んでいかない…

 

そう考えてみると、あ〜なるほどって感じですよね。
この2つのタイミングの使い分ける方法は、中国語あるあるの“語順”がとても大切です。

 

「快/慢」+一點+動詞(+目的語)

→動詞の開始を強調する

・テレビを見ないで、早くご飯食べ(始め)なさい:不要看電視,快一點吃飯

・急がなくていいよ、ゆっくり書いてね:別急,慢一點寫

・雨になったよ、早く中に入りなさい:下雨了,快一點進來

・疲れたでしょう、早く座って休憩でもして:你一定累,快一點坐下休息吧

(目的語)+動詞+「快/慢」+一點

→動詞の動きは元々していて、動作を行う速度を速めるor遅める

・ご飯早く食べ過ぎだよ、もう少しゆっくり食べなよ:飯,你吃得太快,吃慢一點

・先生、少しゆっくり話してください:老師,請說慢一點

・もうちょっと早く走って!:跑快一點!

台湾ドラマで、付き合う前の二人が雨の中走ってて、男の子が早く来いよ〜みたいな感じで、「跑快一點」って叫んでるシーン、あったな〜(笑)

 

まとめ

「快/慢」一點+V:早く、ゆっくりVを開始する

V +「快/慢」一點:早く、ゆっくりVする

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA