台湾中国語

気温16度!台北にも冬が!寒いの嫌だあ〜|中国語で”苦手”って言える?「怕」

台北、今日は急に寒くなりました。
気温16度、これは結構しっかりした上着が欲しくなる気温です。
「寒いの嫌だなあ、冬が苦手なんだよお」そんなコメントが聞こえてきそうです。
豆腐の冷たいデザートを出しているお店が、ぬくぬくとした温かいデザートの提供を始めています。

日本では“苦手、怖い、いやだ”あたりで訳されると思いますが、
中国語では苦手なものは“怖がっている”で置き換えられます。

「怕」「可怕」の違い、似ている「恐怕」の使い方をまとめてみます。

「怕(ㄆㄚˋ/paˋ)(動詞)」

:怖がっている
“私高いところ苦手なんです〜”という話などの苦手な話をするときに、怖いもの、高いところ、動物、痛い、注射、、などなど代表的な怖いものはなんでも使えます。

怕+動詞

・恐怖映画を見るの怖い:我怕看恐怖片

・お店に行って、もし座席がなくて長く待つの嫌だな:我怕去如果沒有位子要等很久

怕+名詞

・奥さんが怖い(鬼嫁?笑):我怕太太

・子供は幽霊が怖い:小孩怕鬼

・私は猫が怖い:我怕貓

怕+形容詞

・高いところ怖くない:我不怕高

・暑いのがいやだ〜:我怕熱

・寒さが苦手:我怕冷

・痛いのいやだ:我怕痛

・くすぐったいの苦手!:我怕癢

「可怕(ㄎㄜˇ ㄆㄚˋ/keˇ paˋ)(形容詞)」

「怕」と似ているけど違う。形容詞なので、「很」などの副詞が前に必ず入ってきます!
:怖い

・私は犬が怖いと思う:我覺得高很可怕

・その表情怖いよ:這樣的表情有一點可怕

形容詞文はとりあえず「很」をつける/「是」は多用しない?中国語を学んでいる方が、1度は疑問に感じるであろうことの一つに 中国語の“副詞の使い方”ではないでしょうか? 語学学校の先生に毎日の...

 

「恐怕(ㄎㄨㄥˇ ㄆㄚˋ/koˇng paˋ)(副詞)」

:恐らく、多分
話し手の推測について話します。
前の文章を受けて「たぶん…だろう」とネガティブな内容の可能性を示します。

・時間がこんなに遅いから、王奥さんはたぶん来れないかな:時間太晚了,王太太恐怕不來了

・この課題難しいから、今日はたぶん徹夜だな:這個功課這麼難,今天恐怕得熬夜

・テストの出来が良くなかったから、たぶん単位落とされるかも:考試考得不好,我恐怕會被當

ちょっと相手のことを心配している要素もあるので、
“多分こうなるんじゃない?”と第三者からの推測・可能性を示されるときは
「恐怕」よりも先ほど紹介した「怕」の方が使われます。

 

・雨が降るのがいやなら、傘を持って行ったら?:你怕下雨的話,就帶雨傘吧!

 

この「怕」って、日本語でこれだ!という訳がなく、ニュアンスで嫌だなー、苦手だなー、どうしよう、みたいなネガティブな感情をとにかく表現できる気がします。
皆さんの「怕」なこと、もの、ってなんでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA