〈基礎から〉中国語文法

中国語「了」の用法②:変化を表す「了」|心境・状況の変化を細かく再現?!

日本人で中国語を勉強している人には1度はぶち当たる(であろう)中国語の「了」の文法。
2つ目の用法は変化の「了」です。

今回は代表的な“了”の使い方その②:変化

✔︎「了」を使用するときの語感
✔︎形容詞、動詞と使われる「了」の用法

台湾中国語の教科書は、これを使用しています!


例えば、
・少し前まで暑かったけど、今は涼しくなった
・友達の家に遊びに行って、お邪魔するつもりだったけど、やっぱり上がらずに帰る

など、テキストの文章では「え、そこも変化なの?」と気づきにくいものも。
でも、言われてみたら確かに状況変わってるよね、と納得します(笑)

状況、習慣、気持ちの変化であっても“変化”であれば「了」の解釈になります。

では詳しく見ていきましょう !

 

変化の「了」

文脈から読み取るしかありませんが、話し手の“以前とは変化した”という気持ちが会話に見て取れます。

台湾人のイメージとして、“初回”では、この「了」は使われないのだそう。

要らないです、を丁寧にいう際に「不用了」と言いましょう!と習ったことがありませんか?
でも、あの「了」って何?って感じですよね(笑)

なるほど〜と思った例文をご紹介。
例えば、台湾のレストランでお茶を追加してくれる人がいるとします。

・お茶を追加しましょうか?

初回は「はい、お願いします。」と言い、お茶を汲んでもらいました。

その後に、「お茶のお代わりは?」とまた来てくれたのですが、
もうこれ以上お茶はもういらないな、と思ったので、断ります。

「あ、もういりません。結構です。」

この1回目に「いる」心境から、2回目の「いらない」に変わったことを表現するので
返答に「不用了」というのが正しいことになるそうな。

「あ〜その心境の変化ね」ってなりませんか?!

そんな心境・状況などの変化に登場するのが「了」です。

形容詞変化の「了」

・主語(+否定)+形容詞+了

:状態の変化 〜のようになった

・台湾の天気は暑くなくなったよ:天氣不熱了

・彼太ったので、服が小さくなった:他胖了,所以我的衣服都小了

・ものの値段が高くなった:現在東西的都貴了

・昨日が気分が悪かったけど、今は良くなった:我昨天覺得不舒服,今天好了

動詞変化の「了」

1)主語(+否定)+動詞(+目的語)+了

2)(否定)+助動詞+動詞+目的語+了

:行動、動作の変化 〜する(しない)ようになった

・子供の時はアニメを見るのが好きだったけど、今は好きじゃなくなった:我小時候很喜歡看卡通,現在不喜歡了

・彼はもう日本語を話せなくなった:他已經不會說日文了

・私は以前は牛肉を食べたけど、今は食べなくなった:我以前吃牛肉,現在不吃了

・もうこんな時間、行かないと:時間不早了,我得走了

・まだ何かやることある?無くなったよ:你還有別的事嗎?ー沒有了

やはり、「すでに」「前は」「現在は」などの、どんなタイミングかを明確にできる言葉をつけるとコミュニケーションが比較的スムーズになります!

 

台湾人との会話の極意は、単純に、簡潔に(笑)
思わぬ方向、解釈によく行きます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA