台湾ライフ

青パパイヤ食べてみた|いい働きする酵素、キレイになれそうな栄養素がいっぱい詰まってた!

青パパイヤって食べたことありますか?
まだまだ日本ではベトナムやタイ料理のサラダに入ってる…くらいのイメージですよね。
実は、栄養たっぷりでみんなに嬉しいキレイの味方でした!

Amazon.co.jp

 

台湾では主にサラダ用に食べる青パパイヤと、フルーツとして食べるオレンジのもの2つが同時に市場に並んできています。
安い時はごろっと大きいパパイヤが1つ100円くらいの破格値で八百屋さんに出てきます。
フルーツとして食べるパパイヤって、やっぱりタイとか南国へ行った時の朝食ビュッフェのイメージ(笑)
独特な臭みがあって苦手だな〜と思っていたのですが、新鮮なものは全く臭みもなくレモン汁を少しかけると1こぺろっといけちゃうくらい美味しいです。

 

美味しさと手頃さでフルーツのパパイヤははまってよく購入するんですけど、今回は近くの八百屋で売っていた特大サイズの青パパイヤを食べてみました!
沖縄県産 青パパイヤ 野菜 約4kg (3玉-8玉) シリシリー ぱぱいやイリチーにどうぞ

 

そもそもパパイヤって木にどうやってなってるか知らなかったんですけど…

台北ではあまり見かけないですが、南下すると一軒家も多くなるので結構庭にバンバン植ってます。
真っ直ぐ幹が伸びてパパイヤが葉の根本にごろごろ!
台湾に来て初めて見たときは謎の興奮を覚えました。一軒家の庭の感じでこのたわわ感、農園として出荷していたらそれはあの安さで市場に出るよね、と納得です。

フルーツとして食べられるパパイヤは、収穫したてのカカオみたいなオレンジや黄色の混ざった皮で覆われています。

その熟れる前の青パパイヤは、見かけによらず緑の皮は薄くピーラーなどで簡単に剥けます。少し切ると、白い乳白液が出るので肌が弱い方は注意!

フルーツのパパイヤは中の種が黒ですが、青パパイヤの種は真っ白でまん丸です。
種自体がカラカラに乾燥しているので切った瞬間にすごい勢いで種が飛び出してきます。
調理方法は簡単にスライスしてお好みのドレッシングで和えるのがおすすめ。
アクが出るので調理する前に水にさらします。

 

ここまでコスパの良い食材ですが、実は青パパイヤには女性に嬉しい美容効果がたっぷり♡

名前がかわいい「パパイン」という成分があり、熟れるとその成分は薄れていきます。
なので、青パパイヤの状態で摂取することができれば、脂質・糖質・タンパク質を分解する酵素として働いてくれます。

青パパイヤ発酵食品 青パパイヤ酵素 ファーメントゴールド FERMENT GOLD (レスベラトロール配合) 90g(3gx30包)

 

さらにビタミンが豊富で、なかでもビタミンCがたっぷり!
またポリフェノールも赤ワインの約7.5倍!
女性の綺麗の味方ですね〜

青パパイヤ自体には独特な味はなく、歯応えの良いきゅうりみたいな感じです。
まああの大きさで、冷やし中華のきゅうりレベルの細さにスライスなので…
1こでとんでもない量になります(笑)
色々とアレンジして(大概サラダになった)、残ったものはグリーンカレーに入れて美味しく頂きました!

 

台湾限定!ケンタッキーのエッグタルトが台湾で1番美味しいって本当?年齢を重ねると、不思議と今まで好んで食べなかったものが普通に食べれるようになること(笑) これってあるあるですか? 私の場合は、エッ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA