お店・観光・お出かけスポット

台湾九份で絶景を見ながら絶対食べたい!甘さ控えめ、モチモチのお芋もち♡

台湾の観光地といえば映画の世界のような人気観光地・九份(キュウフン)
赤い提灯もとっても印象的なエリアで、ガイドブックには絶対載っている超人気スポットですね。
日本から遊びに行きたい!と言ってくれるお友達や家族が「台湾に行ったら絶対に訪れたいNo.1」の場所です。現在は、台湾人の観光エリアとして再注目されていて、一時期の閑散期から少し活気が戻っているようです。

最後に訪れたのは去年の6月。
かなりお店も新しく変わっていて、より一層綺麗に舗装もされていました。1年経ってしまったので、また変わってるはずだろうな〜。

色々と紹介はしたいのですが、今回はただ1つ必食スイーツだけご紹介したいと思います。
くねくねと観光老街を抜けて頂上エリアにあります。
お店の看板も新しく綺麗になっていて、わかりやすくなりました。
台湾の観光ピークは夏なので、とにかく暑い時期に風が吹き抜けるお店で、絶景を見ながらぜひ食べてほしい名店です。

大学時代、私自身が初めて訪れた時から変わらず今でもあるお店で、お芋のもちもちがクセになるんです!

阿柑姨芋円
22448新北市瑞芳區豎崎路5號

 

九份への行き方おさらい

台北市からアクセス方法がたくさんあります
人気の観光地だけあり
・ツアー旅行に参加する
kkdayで現地ツアーに参加する
・公共交通機関で個人でアクセス
・タクシーでアクセス

 

台湾上級者は長距離バスもオススメ!

今回はバスに乗って1本、1時間30くらいで到着できる長距離バスでアクセスしました。
MRT松山駅から1062番のバスに乗車します。
乗り換えが必要ないので、タクシーよりも確実に安いし、意外と簡単にアクセスできます。

老街の開始地点につくには「九份老街」でバスを降ります。

FD2C10A8-FAAE-4812-8010-C25BCD3782C2
老街を通らずに、景色を見ながら赤提灯の綺麗に見えるポイントまで一直線にアクセスするには「九份派出所前」が実は便利。

 

92F114DA-ACEE-4130-A65A-71F1B90FC6FA

台湾鉄道→バスへの乗り換え方法

ちなみに台湾鉄道からバスへの乗り換え方法は、ちょっと複雑。
瑞芳火車站に着いたら九份行きのバスは駅前乗り換えではなく、駅前の道を左にまっすぐ10分弱歩きます。
看板は出ているものの、かなりの台湾上級者ですね。

B4B942AE-174D-42D8-BF07-473BDDA4CDD6

 

お芋スイーツを食べに行こう!

わかりやすい老街の開始地点「九份老街」から歩いていきます。

C4871714-6B8E-4CB0-86E1-D4D456BF6280
老街をまっすぐ抜けるとぶつかる十字路に看板が立っているので見逃さないはず!
最後の階段を登って到着です。
58876DAB-E6B5-4254-81A7-9A1B7861406E A0208384-57CC-402D-9211-C5502A63CCA4

\日本でも本場のモチモチを試せます!/

 いよいよ入店・注文

小さなカウンターの上にメニューが書いてあります。
流れ作業なのでなかなか注文が忙しいですが、とりあえずおすすめの「芋圓冰」を頼めば正解!
店内の通路をぐんぐん奥に進むと景色の良い席があるのでゆっくり食べられます。
1カップ50元(2020年6月時点)少しの氷が暖かい茹でたてのモチモチの芋餅と混ざりあって美味です♡

66E4A5D6-581C-423D-A535-A2CA34A2A260 590F1037-4B58-4BE3-AAE4-0A35D0B78E8F
窓側の席が空いていれば風が吹き抜けて、とっても気持ちいいです。
1カップ50元で大満足。間違いなしです!
3EFADAF5-2C28-409F-B236-F3B5B1994AEB

ぜひ食べてみてくださいね!

一つ注意点…

※観光客が多い場所はやっぱりスリなどの被害にも遭いやすいです※
悲しいですが、台北市内ではあんまり見かけない「スリに注意」と日本語で書かれた
注意喚起の張り紙が多く見られました。
台湾は日本にいるんじゃないかと勘違いしちゃうくらい日本語が使える方も多かったり、親日家も多く観光しやすい所。
でも、すべての人がそうではないことも頭の片隅に入れて楽しく観光してくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA