台湾ライフ

台湾育児日記1歳|予防接種で苦しんだのちに快眠が待ってた…!|ホワイトノイズがすごい!

ついに1歳になりました!

1歳、こんな変化が出ました!

・スプーンやフォークで自分で刺して食べようとする
・かみかみが若干増えてきた
・癖強めのバイバイができるようになった!
・本に合わせて「おやすみ」「ぱちぱち」「はくしょん」などの動作をする
・ガラスコップ飲みマスター
・いやだ、の主張が強くなった

・大人ご飯を取り分けるスタイルに移行中

歩く練習はまだまだ

手を離そうとする雰囲気はあるものの、まだまだ立つ、歩くなどの自立感はないかな。
それよりも先に、息子が靴嫌いであることが判明!
まずはゴム底のソフト靴から慣れさせて、徐々に本格的な靴に移行しようかなと思っています。


親の私が夜を迎えたくないくらいの夜泣きを越えて

台湾では満1歳で打つワクチンがあります。
「水痘」と「麻疹」
このワクチン、水痘の方が潜伏期間が1週間ほどと長いため、接種後5〜12日は熱などの症状に注意が必要で、体温管理もきちんとね、と言われるものでした。
息子くんは接種してちょうど1週間目に発熱。


「今日も暑いけど散歩に行くか〜」なんて言って頭は熱くないけど体が熱っている感じで、間一髪気づけてよかった…
38.5までぐんぐん上がり続いたので、解熱シロップを飲んでよく睡眠を。
熱が下がったなー、大事に至らなくてよかった〜なんて思っていたのも束の間。

そこからの数日間が1時間ごとに「ぎゃー!」と言いながら急に泣き出すの繰り返しが夜通し続くという謎のループに。
あまりの泣き方に、突発性中耳炎を疑ったり、骨でも折れたか?!と思ったり…
歩く前のメンタルリープか?!と前向きに考えてみたりもしたけど、違いそうで。

確かに耳も触るしな、と近所の耳鼻科に駆け込んだものの無症状。
原因は不明。
親の私が若干夜寝かせるのがトラウマになる程(笑)
もう最後の手段だ!と閃いたのが、ホワイトノイズ。
赤ちゃんが落ち着くと言われる音を聞かせてみたところ、嘘のようにスンと寝たんです!本当に笑っちゃうほどに!

普段は立ってソファに登って、ハイハイしてを繰り返して止まらない息子くん。
ワクチンの副作用なのか、発熱の後も数日間は日中コロンコロンとすることが多かったり、目がとろんとしていたり、擦り寄ってくるような感じだったので、やっぱりいつもの万全の状態じゃなかったんだな〜、体が闘っていたんだな〜となりました。
謎の夜泣きが終わったら、朝までぐっすり寝る謎のハッピーボーイに変貌!
ひとつ成長した気がしました。

台湾でワクチンを接種して、1週間後くらいに日本へ渡航などのパターンもあると思うので、ちょっと片隅に入れておくといいかもしれません。

離乳食は微妙な時期

ようやくもぐもぐが進んできた息子くん。
夜ご飯だけは、ストックをチンではなく、大人と同じ材料からチャチャっと作る感じに移行しました。お味噌汁やスープをがぶ飲みするぐらい好きなので、それも一品になってありがたい(笑)

パウチは味が合わないのか、あんまりがっついて食べないので、お出かけ用のご飯はどうしようかな〜と微妙なところ。
台湾の夏は暑いし持ち歩きは控えるので、そうなるとコンビニの芋かバナナに頼る日々…(笑)
白飯好きだし、レストランで買えれば楽だよね!ということになり、あげてみると「米めちゃたべるじゃーん!」となりこのスタイルを採用しました。
白米がメニューになくても、売ってください〜っていうと、20元くらいで購入できるのでコンビニよりも便利かも!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA