台湾中国語

中国語で「適当に」なんて言う?|適当な場所、適当な返事… 良い・悪いどちらも使える「隨便」

“適当に”って便利な言葉ですよね。

でも、実は2パターン。

✔︎“適当に(どこでも好きな場所に)座ってね”と相手に選択肢を与える場合。
✔︎“適当に返事する”“適当に(出鱈目に)しゃべる”などの雑感(?)がある場合。

このどちらにも使える“適当に”の中国語をご紹介します。

 

適当に

ポジティブな意味

「隨便(ㄙㄨㄟˊ ㄅㄧㄢˋ/suiˊ biaˋn):副詞」

・いらっしゃい、適当に(どこでもいいから)座っててね:歡迎歡迎,大家隨便坐

・適当に1つ選んでね:隨便拿一個

・(お買い物で)適当に見てるだけです:我隨便看看,謝謝

ショッピングで使える中国語3フレーズ|「見てるだけです」「ピッタリ!」「考えます」台湾は国内であれば、宅配時間がかなり早い(最速だと翌日には届いている...!)おかげでネットショッピングがかなり盛んです。 でも、やは...

 

・適当にふらふらしよっか:我們隨便走走,好嗎?

・料理たくさん準備したから、適当につまんでね:我準備了很多菜,隨便吃

 

ネガティブな意味

こちらも「隨便(ㄙㄨㄟˊ ㄅㄧㄢˋ/suiˊ biaˋn):形容詞」

正式ではない、楽な感じでというニュアンス
形容詞と副詞の使い方で良いイメージと悪いイメージに別れるなんて、恐ろしい!

 

・家にいる時はいつも適当な服を着てる:在家的時候,我總是穿得很隨便

・彼はすごくラフに喋る(礼儀がない):他很隨便說話

 

口語フレーズとしてよくあるのがこちら↓

・麺かご飯、どっちが食べたい?:你想吃麵還是飯?

→何でもいい〜:隨便

いつも「隨便」と返事していると、「また何でもいい!:又隨便(怒)」と怒られるかもですね(笑)

「亂」

このネガティブで使われる「隨便」は「亂」を用いても表現できます。

「亂(ㄌㄨㄢˋ/luaˋn):副詞」

「亂」+動詞の形で使われる。
「亂」が副詞として使われる場合、計画も無しに何かする、適当(雑)にするという意味。

・宿題はきちんと書かないと、適当に書いちゃダメだよ:功課要好好地寫,不能亂寫

・適当に食べないで、太るよ:別亂吃東西,妳會變胖

・適当にゴミ捨てないで:別亂倒垃圾

・適当に食べないほうがいいよ、お腹壊しちゃうよ:你不應該亂吃東西,會拉肚子

・絶対受かるよ、色々考えないで:你一定通過,不要亂想

・上司が今日は訳もなく怒ってくる、ありえない!:我老闆今天亂罵人,氣死我了

謙虚さの「亂」

「亂」+動詞の形では、ちょっと謙虚さが出ることもあります。

・このケーキ、本当にあなたが作ったの?美味しすぎるんだけど!:這個蛋糕真的你做的嗎?太好吃了

→いやいや、適当に作っただけよ〜:哪裡哪裡,我亂做的

・レポート最高だね、A +とってるじゃん!:你的報告寫得真好,拿到A+!

→いやいや、適当に書いたの、運が良かっただけだよ〜:沒有沒有,我亂寫的,這是運氣好

 

台湾でよく言われるのは、タピオカミルクティーをいつでも何処でも適当に飲むな、と。
あれを毎日飲んでたら太るんだそうです。
美味しいし、ドリンクスタンドも豊富で試したいので、そこは運動すれば良い話と割り切ります(笑)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA